Loading

ロボット開発

Robot Development

ロボット開発

Concept

HMKが考えるロボットとは

求めるのは、高機能ではなく”単純”

ロボットは生活の一部として、設備の一部として、生産現場以外にも福祉、サービス分野でも広がっています。HMK では、生活の中でちょっとお役に立つロボットを独自に開発しています。複雑で扱いが難しい高機能のロボットではなく、生活に密着し使いやすい単純機能案内用ミニロボットのキャラクターロボット(キャラボット)や運搬用ロボット(キャリーボット)などの開発をしてきました。

中小企業では、まだまだ手軽にロボット開発を依頼できる会社が多くないのが現状です。高額の開発費、必要性は感じるものの、どこから始めればいいのか分からない企業も多いです。その中でHMKグループでは、オーダーメイドのロボットを気軽に依頼できる会社を目指しています。御社の自動化したい単純作業、イメージキャラクターのロボット化、貴店の案内係をしてくれるロボットなど、必要なのは、どんな役割をしてくれるロボットでしょうか?

詳細な内容を納得いくまで打ち合わせしながら、ご要望を十分取り入れて開発を進めております。

works

制作一覧

Hukari(ふかり)

単純機能ロボット「キャラボット」 試作の第一号です。

Makina(まきな)

Kirera(きれら)

Coming Soon…

Action

これまでの活動

ロボットフェスタふくしま 2017ビジネス向けロボットブース(2017年)

<出展内容>
コミュニケーションロボットのひとつで、イベントなどで案内する人型のロボット案を展示。
機能は必要最低限にし、リーズナブルな金額で提供できるロボットです。 会社のPR用の原稿等を読むことができ、その際に両手や首の動作を加えます。高さ約1m、女性をイメージし、イベントの案内やお店の案内でも使いやすいようデザインを重視しました。当日はブース内でパワーポイントの資料をロボットに説明してもらいました。

産学官金連携フェア2019みやぎ(2019年)

<出展内容>
「お店や企業のイメージをキャラクターロボットにしませんか?」
キャラクター玩具ロボットをテーマとして出展しました。店頭や会社の玄関などに置くことを想定した小さなロボットで、予めプログラミングした動作や音声を使って案内します。
イメージキャラクターのデザインから設計まで、一括して社内で請け負えることも強みで、飲食店や介護施設など様々なニーズに応えられるようにしました。

ロボット航空宇宙フェスタふくしま2020(2020年)

<出展内容>
2020年は新しく「学習用ペンギンロボット」を仲間に加えての展示となりました。
ペンギンロボットはタブレット端末上のアプリを操作することで、規定の言葉や任意に入力した言葉を話すことができます。自分の入力した言葉を話すということで、こども達には大人気でした。
新型コロナの影響が心配されましたが、感染対策をしっかりと行い、たくさんの方に見ていただくことができました。

Story

私たちがロボット開発をする理由

"ロボット"をもっと身近な存在に

私たちはロボットを開発することになりました。
それは、時代とともに必要なものを設計し、デザインしてきたHMKだからの発想です。設計業務からスタートし、スタッフの分だけ業種があるHMKなので、プログラマー、グラフィックデザイナー、電気設計者が集まって生まれたロボットです。
たくさんのものを生み出してきた私たちが、どうしてロボット開発に至ったか。
それはこの時代に私たち一人ひとりのスキルを使って将来の社会に貢献したいと思ったかからです。

大手企業の精密なロボットが産業や福祉場面でも見られるようになりました。
しかし、高機能で、高額すぎて、気軽に仕事場や生活の中で利用するのには手が届きにくいのが現実です。さらに、ロボットに対するイメージは、仕事を奪われる、非人間的で無情なイメージも多いのも事実で、恐怖すら感じている方もいます。
私たちが考えているロボットは、人間を助け、人間の暮らしを豊かにし、つらい労働力から開放され、人間に心の余裕を持つ時間をもたらす生活の助力者です。生活や仕事場面で必要な機能のみを盛り込んだ「単純機能ミニロボット」を手かけたのもそんな理由です。
最初は大学生のインターンシップの期間中に開発することになり、2回目はデザインと機能の展示のみで終わりました。しかし、3回目にはスタッフのオリジナルキャラクターデザインを元案に、実際の案内ロボットとして開発することが叶いました。展示会の出展もしています。

それによって、実際のあらゆる場面で必要な機能や単純ロボットの需要があることも知りました。
全ては、オーダーメイドでカスタマイズで設計、製作することを基本とします。
どんな場面でどんな機能のロボットが必要なのか、聞かせて欲しいです。

※このエリアは挿入が完了するまで非表示にしています。

Contact

担当者へのお問い合わせはこちら

    必須 お名前

    任意 会社名

    必須 メールアドレス

    必須 お問合わせ項目

    任意 ファイルの添付(jpg/png/pdf/zip)(ファイル制限:15M)
    ご相談やお見積り希望の場合は、詳細な情報を頂ければより正確なお返事が可能です。

    必須 お問合わせ内容

    ■プライバシーポリシー

    HMK DESIGN(以下、当社)は,個人情報が重要な資産であることを理解し,正しく扱うことが重要な責務であると認識し以下の方針に基づき個人情報の保護に努めることを宣言します。

    第1条(個人情報)

    「個人情報」とは,個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし,生存する個人に関する情報であって,当該情報に含まれる氏名,生年月日,住所,電話番号,連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報及び容貌,指紋,声紋にかかるデータ,及び健康保険証の保険者番号などの当該情報単体から特定の個人を識別できる情報(個人識別情報)を指します。

    第2条(個人情報の収集方法)

    当社は,お問い合わせまたはお取引の際,必要に応じて氏名,会社名,住所,電話番号,メールアドレス,銀行口座番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。

    第3条(個人情報を収集・利用する目的)

    当社が個人情報を収集・利用する目的は,以下のとおりです。

    1. 当社サービスの提供・運営のため
    2. ユーザーからのお問い合わせに回答するため(本人確認を行うことを含む)
    3. メンテナンス,重要なお知らせなど必要に応じたご連絡のため
    4. 利用規約に違反したユーザーや,不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの特定をし,ご利用をお断りするため
    5. ユーザーにご自身の登録情報の閲覧や変更,削除,ご利用状況の閲覧を行っていただくため
    6. 有料サービスにおいて,ユーザーに利用料金を請求するため
    7. 上記の利用目的に付随する目的

    第4条(利用目的の変更)

    1. 当社は,利用目的が変更前と関連性を有すると合理的に認められる場合に限り,個人情報の利用目的を変更するものとします。
    2. 利用目的の変更を行った場合には,変更後の目的について,当社所定の方法により,ユーザーに通知し,または本ウェブサイト上に公表するものとします。

    第5条(個人情報の第三者提供)

    1. 当社は,次に掲げる場合を除いて,あらかじめユーザーの同意を得ることなく,第三者に個人情報を提供することはありません。ただし,個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。
    2. 前項の定めにかかわらず,次に掲げる場合には,当該情報の提供先は第三者に該当しないものとします。
      1. 当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
      2. 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
      3. 個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって,その旨並びに共同して利用される個人情報の項目,共同して利用する者の範囲,利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について,あらかじめ本人に通知し,または本人が容易に知り得る状態に置いた場合

    第6条(個人情報の開示)

    当社は,本人から個人情報の開示を求められたときは,本人に対し,遅滞なくこれを開示します。ただし,開示することにより次のいずれかに該当する場合は,その全部または一部を開示しないこともあり,開示しない決定をした場合には,その旨を遅滞なく通知します。 

    1. 本人または第三者の生命,身体,財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
    2. 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
    3. その他法令に違反することとなる場合

    前項の定めにかかわらず,履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については,原則として開示いたしません。

    第7条(個人情報の訂正および削除)

    1. ユーザーは,当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には,当社が定める手続きにより,当社に対して個人情報の訂正,追加または削除(以下,「訂正等」といいます。)を請求することができます。
    2. 当社は,ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の訂正等を行うものとします。
    3. 当社は,前項の規定に基づき訂正等を行った場合,または訂正等を行わない旨の決定をしたときは遅滞なく,これをユーザーに通知します。

    第8条(個人情報の利用停止等)

    1. 当社は,本人から,個人情報が,利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由,または不正の手段により取得されたものであるという理由により,その利用の停止または消去(以下,「利用停止等」といいます。)を求められた場合には,遅滞なく必要な調査を行います。
    2. 前項の調査結果に基づき,その請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の利用停止等を行います。
    3. 当社は,前項の規定に基づき利用停止等を行った場合,または利用停止等を行わない旨の決定をしたときは,遅滞なく,これをユーザーに通知します。
    4. 前2項にかかわらず,利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって,ユーザーの権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は,この代替策を講じるものとします。

    第9条(プライバシーポリシーの変更)

    1. 本ポリシーの内容は,法令その他本ポリシーに別段の定めのある事項を除いて,ユーザーに通知することなく,変更することができるものとします。
    2. 当社が別途定める場合を除いて,変更後のプライバシーポリシーは,本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。

    PAGE TOP